ワーケーションに関する人気書籍一覧

今回は、ワーケーションに関する人気書籍をまとめてみました。これからワーケーションを志す方、すでにワーケーションの実践をされている方にとって、参考になれば、幸いです。

 

どこでもオフィスの時代 人生の質が劇的に上がるワーケーション超入門

自分が落ち着く「場所」を見つけた人は、すごいパフォーマンスを発揮する。

“移動”と“生産性”はどう関係するのか?

JAL、ユニリーバ、PASONAほかワーケーション導入企業の事例多数

 

ワーケーションの教科書 創造性と生産性を最大化する「新しい働き方」 

さあ、「旅するように働く」これからの生き方へ!

仕事・移動・生活……すべてがオンラインになった社会で、私たちはどうのように働き、そしてどう生きるべきなのか?

また、リモートワークが普及し、通勤・出張や何気ない雑談を失い、働きづらさを感じたり、アイディアが生み出しにくくなったと思う人も多いはず。

本書では、「ワーケーション」が創造性と生産性を両立する働き方として、個人・企業・さらには誘致する地方自治体の何を変えるのかを考察する。

 

ワークスタイル・アフターコロナ 「働きたいように働ける」社会へ

「仕事場」の多様性が、幸せな「働く」を生む!
「居心地の良さ」こそが、最大の企業価値に――。

・経験してわかった「リモートワーク」の課題とは<? br> ・「ワーケーション」で長時間労働は改善するか?
・オフィス不要ではなく、「焚き火的オフィス」が求められる?

 

DIME(ダイム) 2021年 08 月号 [雑誌] 理想のワーケーション

 

そろそろ「働く場所改革」始めませんか?
シェアオフィス、サブスクホテル、デュアルライフ、
地方移住、これが働き方のニューノーマル!

 

Pen(ペン)2021年9月号[移住、多拠点、ワーケーション……新しい住みかの見つけ方] 

移住、多拠点、ワーケーション……
新しい住みかの見つけ方

もはや、家を“固定”する時代は終わった。
リモートワークの普及で働き方が自由になり、我々の暮らしは加速度的に多様化している。
いままで考えなかった地方への「移住」、ワーク・ライフ・バランスを考えた「多拠点生活」、新しいコミュニティを知る「ワーケーション」。
どこに住んで、どう働くべきか?
「住みか」を考えると、その答えが見えてくる。

 

Discover Japan2021年3月号「ワーケーションが生き方を変える?地域を変える?」

ワーケーションが生き方を変える?
地域を変える?
2020年に加速した「リモートワーク」。伴って、新聞、ニュース、SNSなどで頻出するようになったキーワード「ワーケーション」。そもそもワーケーションとはなんでしょう? work×vacation=Workation(Worcation)とした造語であり、仕事と休暇を掛け合わせた働き方のスタイルのこと。海外ではじまり、現在、日本国内でも導入する企業が増え、リモートワークの新しいかたちとして注目を集めています。

拠点を完全に移す「移住」とは違い、ワーケーションは気軽に地域との接点がつくれる新時代の働き方です。今回、編集部が最新事例を取材する中で、ワーケーション先の地域に惚れ込み移住してしまった人、オフィスを設けてしまった企業、ワーケーションがきっかけで変わった地域(変わろうとしている地域)など、さまざまな在り方に出合いました。ワーケーションは、どうやら、生き方や地域まで変える可能性を秘めた働き方ともいえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。